All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初音ミクオリジナル曲『voice by voice』



『voice by voice』

始まりは何だっけ?
気が付けばここにいたね
君の声で生まれた私の声
届いていますか?

似てたから会えたのかな
それとも似てきたのかな
今の気持ち 歌にしたら
同じメロディーになりそうだね



願いの歌 響く限り
物語は続いてゆく
どんな距離も時も越える魔法が聞こえる



名前も知らない誰かが
「もう終わり」に賭けても
赤い糸は見えないまま
確かに君を感じられるよ

忘れながら辿り着いた
大切な今日だから
今の気持ち 形にして
未来へ伝えてみせるよ



願いの歌 響く限り
物語は続いてゆく
どんな距離も時も越える魔法が聞こえる



楽しいときの音はどんな色で
悲しいときの音はどんな色なのかな?
窓の外 続いた雨も止んだって気付かずに
そんなこと考えてたね



願いの歌 響く限り
物語は続いてゆく
どんな距離も時も越えて魔法は響いてゆく

いつまでも

巡音ルカオリジナル曲『lovin' music』

お久しぶりです。ashcolorです。

今回は初めて英語詞を入れてみたのですがいかがだったでしょうか、、、?

僕自身英語はあまり得意ではないので、ルカさんに歌わせるのに結構苦労しました(・ω・;)
それと自分は歌詞を知っているので歌を聴けば分かるのですが、
初見のみなさんには聞き取れるのかが結構気がかりでした。

それで動画説明文のとこで軽く触れて歌詞を伏せておくことで、
聴いた印象をコメントでもらえるかなあと思っていたんですが、ちょっと難しかったみたいで。
そんなこともありまして、今更ですが歌詞をのっけときます。

聞き取れた部分あった方は是非答え合わせしてってくださいねー。

(そういえば英語の文法があってるのか不明です!それよりも聴いた感じはまる言葉を
選んでおります。という言い訳をしておきます。)




『lovin' music』

we sing for us
we hear colorful sound
than we thought about
this world is filled with love

嫌なこと
今は忘れて
イヤホンの中
落ちてゆく世界

響く音
心満たしてゆく
いつか僕も
見つけてみたい

そんな世界

we sing for us
we hear colorful sound
than we thought about
this world is filled with love

we sing for us
we hear colorful sound
than we thought about
this world is...

we sing for us
we hear colorful sound
than we thought about
this world is filled with love

初音ミクオリジナル曲『live on』



『live on』

夢の中に君は居た
その隣に僕は居た
動けないまま立ち尽くしてた

夢の後も君は居た
ずっと僕に笑いかけてた
ひとりぼっちの部屋の中で

今と同じ可能性で未来もあって
生きてしまうんだろうけど
君のいない未来は要らない


その声の温もりを想い出すのは
君の居ないとき 知っていただろう
それでもまだ言えないんだ

もう僕は一人では生きていけない
その言葉が本当だったら
どこか逃げられたのに
もう戻れないよ


君の優しさ 君の寂しさ
大きすぎて零れ落ちて溺れて
響くことなくとも叫ぶよ


その声の温もりを忘れられるのは
君に触れたとき
そのときはもうないなら
そういうことさ

奇跡とか運命だとか
信じていないけど
ただ今だけは信じさせてよ
この想い壊れる前に


答えをその声で

初音ミク・巡音ルカオリジナル曲『Re:Re:』



『Re:Re:』

限りなく広がる世界で
この場所を見つけて居てくれて
ありふれた世界の端っこは
僕らの真ん中になった

無機質な数字に変わっても
どこまでも離れて遠くても
伝わった君だけの言葉
今はただありがとう

どんな声なら伝わるかな
どんな音なら響くのかな
そんな繰り返しで
明けていた夜は愛しいのさ 


限りある記憶のなかで
この場所を覚えていてくれて
嘘だらけの継ぎ接ぎの声は
ちょっとだけ本当になった

無機質な数字に変わっても
温もりを感じた足跡
ずっとずっと見えなかった想い
今、形にして


どんな声なら伝わるかな
どんな音なら響くのかな
そんな繰り返しで
明けていた夜は愛しいのさ 

どれほど強く想うのなら
願いの音は響くのかな
そんな繰り返しの最後には
君に届いて欲しいな

初音ミクオリジナル曲『アルクガラクタ』



『アルクガラクタ』

きれいに並べた数字の上じゃ
少し背の低い僕は
捨てる運命の不良品だから
独りの空へ逃げた

生まれ出した感情は
世界に拒まれたとしても
最期のときまで一緒だから
守り続けるだろうな

この星に落ちた僕は
何ひとつ知らないまま
足りない頭の中、想うんだ
足りない意味を求めて


痛みが記した理想の地図は
少し汚れてきたけど
何度も涙で滲んだ名前は
僕の中ではあの日のまま

錆び付いた足で
求め、彷徨って
終わりも知らずに
旅は続いてゆく
傷だらけの手で触れた温もりは
壊れた分だけ温かくて


この星に落ちた僕は
何ひとつ知らないまま
誰かの気まぐれで
作られた鼓動は続いてる

寂しげに空いた胸は
何よりも知っていたから
独り泣いた夜も愛せるよ
新しい未来で
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。